「枝葉末節」

アクセスカウンタ

zoom RSS カッティングシートでなんちゃってウッドパネル

<<   作成日時 : 2014/11/02 23:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

我がBMW1カブリオレは買った時にディーラーにお願いして標準では黒だったシートをクリーム色にしてもらった。オープンなのに無難ではつまらないと思っていたからだ。あとは内装にもう一捻り。クリームに合わせてパネル関係を赤っぽいウッドにしたいなあと思ったがオプションでもそんなものは無かった。後でなんとかしよっと標準のサテンマットシルバーのまま購入してはや4年半。やっと実現しました。
これが標準のパネル。ビフォアの写真がないのでカタログ接写ね。


画像



で、世の中にないものは秋の夜長のDIYで、ということで内装剥がしキットを購入して、標準のパネル(ダッシュボードのトリムとドアの内ハンドル)をガシガシ剥がす。
続いて、木目調のカッティングシートを貼る。車の内装には杢を使うことが多いが、せっかく自分でやるんだからと好みの柾目調をチョイス。曲率の高いところはドライヤーで温めながらひたすらペタペタ。
で、これが完成。

画像


シフト周りと灰皿部分は、灰皿周りのパネルを外すには色々大変ということで断念。でも、あまり木目の面積が多いと下品になるのでこれでよかったかも!と思い直す。
ドアはこんな感じ。


画像


うん、クリームとウッドのコントラストが思ったとおり美しい。個人的にものすご?く満足。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カッティングシートでなんちゃってウッドパネル 「枝葉末節」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる