テーマ:クルマ

マジでBMW終了なんじゃないの?

背の高い方(X7)も低い方(セダンの7)もなんなんだあのグリル。グリルもオッパイも、でかけりゃいいってもんじゃありませーん。威張りはベンツに任せるよ、ってのがBMWの魅力と信じていたのだが、こんなに鼻穴おっ広げてどーすんだ。 新しい3はリアはかっこいいけど、フロントはやっぱりグリルの天地が厚すぎるよなぁ。 我がアルピナ様が「こんなんベー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若者にイタいと言われるのは嫌か

土曜の夜家にいる時には大抵BS日テレ「おぎやはぎの愛車遍歴」を見る。 このあいだのゲストは大鶴義丹。車好きのオジさん3人が話すと、まぁ、話はそっちに行くんだろうなぁという、若者のクルマ観の話になった。なんでも今時の若者にとってオープンカーは「イタい」ものらしい。やはぎは「イタいって言われるのは嫌だね」などと話していたり。 ふーん。 まぁ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

林檎に刺さったクリスタル

結構思い切ってきたなぁ、マツダの新型アクセラ。セダンは端正で美しいが、個性的なのはハッチバック。ぶっといCピラー、つるりんと丸いお尻、シャープなフロントフェイス。さながら林檎に刺さったクリスタル 。攻めてる故にカッコ悪い、と言う人も居るだろうが、僕はこれくらいのゲテモノ感、嫌いじゃない。早く日本で見てみたい。 あと、ここまでデザインコン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近のBMWさん

なんか、そのデザインで行くのですか? という感じ。キドニーグリル大きすぎだし、台形も好きじゃないし、ライトがカクカクしてるのもあんまりだし、フロントのバンパーももっとシンプルな方がカッコイイと思うのだけど。特にライト周りは、E36の頃からの端正な丸目が好きな私としては今ひとつ受け入れがたいものがある。新しい3のリア周りは好きだけどね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

路上の万能感

何度も書いてるが、車の幅なんて狭い方がいいに決まってる。 幹線道路から外れるといきなり電信柱が立ち並ぶ見通しの悪い道が出現する我が日本。小さく幅狭く見切りが良くて短い車と、デカくて幅広で長い車。路上での万能感をどちらに感じるかは自ずと明らかではあるまいか。 車内が広いが道路の幅キッチキチの大きい車、車内はタイトだが路上で空間に余裕のある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なべてこの世はスパイラル

今度のメルセデスのCLSはシンプルなデザインにしたそうだ。そしてこれからはそっちの路線でモデルチェンジしていくらしい。今までの車は少し線が多すぎたんだって。で、他社に先がけてシンプル化を進めるんだそうだ。差別化のためにバガバカうるさいキャラクターライン入れて複雑な面構成にしてたくせに今度は何言ってんだか、とは思う。とはいえ、クルマのデザ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BMWのシート問題

いろんな国のクルマに乗ってみよう!と思っていた20年前の気概はどこへやら、ここ10年以上BMWにすっかり落ち着いた(堕落とも言う)我がカーライフである。最初が3シリーズ(E46)、その次が1カブ、で今が2カブ。まぁ、ラインナップのボトム近辺のちっこいのを乗り換えているわけだが、シートについて言いたいことがある。最初の320は乗り心地悪評…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スポーティなクラウンとは

まさかクラウンがシックスライト採用で4ドアクーペスタイルになるとはねぇ。時代ですね。なにせオーナーの平均年齢が65〜70だそうで若返りが使命。また、ドイツのプレミアムセダンからシェアを奪うというミッションも課されていてなんだか大変。同情します。試乗記を読んでもハードの出来はなかなか素晴らしい模様。でも、どうでしょう? デザインを若くスポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベッタベタベタカローラスポーツ

てっきりカローラって名前無くしたかったのかと思った。アクシオなんてサブネームつけたりハッチバックには別の名前つけたりしてたのはカローラを消す準備かと思っていた。そしたらなんと、ハッチバックはカローラスポーツだって。びっくり。 そして、CM。超絶可愛い彼女(中条あやみ)を助手席にのせて、二人で歌いながら山道を気持ちよくドライブする菅田将暉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミケルソンとかトヨタとか

夏はスポーツイベントが沢山あって楽しいな。先週末はゴルフの全米オープンにルマンにサッカーワールドカップが重なって、嬉しいやら忙しいやら。 さて、去年は娘さんの卒業式のために全米を棄権したミケルソン、生涯グランドスラムにチャンスは少ないだけに今回はさぞかし気合いが入っていたことでしょう。それなのにとんでもないコンディションになってゴルフに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オールタイムベスト

乗ったこともないけどこよなく愛するクルマを5つ シトロエンDS もちろん今のじゃなくてオリジナルのね。クルマそのものもさることながらNAVIの諸々の紹介記事が素晴らしすぎた。「文化系のスーパーカー」とはなんて素晴らしい表現であることか! ランチアストラトス と、今度はゴリッゴリの体育会系。 デルタも好きだけど、なんというか、存在の大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上がりのクルマ

はてさて、老眼も始まりつつあるし、油断するとすぐ太るし、白髪も増えたし、膝は痛いし、読んだ本の内容すぐ忘れるし、家政婦のミタゾノの主演をココリコ田中と勘違いする認知力だし、いよいよオッサン極まれり、である。 俺の運転寿命に思いを馳せると、はて、俺的上がりクルマって何かなーとか考える今日この頃。 天邪鬼だからあんまり数が多いのは嫌だし、速…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トヨタのタクシー車両

一年前に、デザインひどすぎやしませんかね?と書いたトヨタのタクシー車両。いよいよ売られるということでニュースになっている。さて、一年経ったし少しは僕の見方も変わったかもね、と写真を見るに、、、やっぱアカン。カッコ悪い。同じずんぐりむっくりのスタイルでロンドンタクシーはあんなにカッコいいのに、なんでこっちはこんななんだろ。 思うに、どうし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クルマイロイロ

なんつーか、去年ドラレコつけて以来特にいじることなく2カブに乗って満足しきってしまってるわけだが、なるほどBMWってのは素晴らしいなぁ。この品の良さ、ちょっとしたいいもの感、スポーティネス、清潔感。 とはいえそれに安住しきってしまうと本格的に枯れちゃうので、欲しいクルマをあげてみる。 ☆マツダロードスターRF フロントのデザインはイマイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トヨタのタクシー車両

日産リーフが思ったほど売れないのはあのデザインが悪かったから、という説がある。自動車評論家各位の評判もあまりよろしくない模様。 え?そう?我が家ではそれなりに未来っぽくてわりかし好評なのだけど。顔に威嚇を感じないところとかよいではありませんか。リーフのタクシーとかなんかいいよねー。 なんて思ってたら今度トヨタが出してきたタクシー車両。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こっちはカッコいいなープリウスPHVー

少し前にちょいと否定的なこと書いたけど、当たり前だが僕の予想なんぞは世の中に関係なくプリウスは売れまくってる。 と。ここで今度出てきたPHV、こいつはなかなかカッコいい。どうにも馴染めなかったフロントマスクのライト周りは大好きだった昔のアルファロメオSZを思い起こさせるし、リアの処理もノーマルよりシンプルで好き。これならちょっと乗ってみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巨艦なのに小回りも

事前に根回しがあったのかもしれないけど、こういう早業は日本人にはなかなか出来まい。ゴーンさん流石っす。 しかし、三菱自動車が日産傘下になるとはねぇ。 中国向けのキンキラキンも良いけど、趣味がよくて楽しいクルマも作ってくださいよー。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三菱自工なにしてんだか

燃費性能の改竄ねぇ。何してんだか。 やったことは全くダメダメでこれからマーケットで厳しい判定が下るんだろうね。 さて、今回の不正で何が変わるかというと、カタログ上の燃費性能が5〜10%程度向上するそうで。 なんだ、それっぽっちか。 日本車のカタログ値なんて話半分というか、参考程度というか、はなはだ怪しいものなのにね。ウチのフィットな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリウス売れるか

思えば三代目プリウスはトヨタの実力、エゲツなさをよくあわらしたクルマであった。 先行のインサイトが売れていると見るや、明らかにクオリティが上(つまり普通に考えれば価格も上になるはず)にもかかわらず、ガチで比較できる価格を付け、なおかつわかりやすい「未来っぽい」形と相俟って顧客を根こそぎ取り込み、インサイトを絶版に追い込む(まぁ、初期のイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤンキーとファンシー以外

強面というかインチキエグザイルというかマイルドヤンキーというか、とにかくそっち方面ばっかりだったトヨタのミニバンの中で、いきなり出てきたシエンタ。うん、なかなか良いんじゃない。形もいいし色も楽しい。台形の口を開けたブサイクなフロントマスクは好きじゃないが、明るく楽しい家族っぽくて和みます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もっと明快に!

街で目にすることも増えたマツダの新型ロードスター。評論家諸氏も基本絶賛、私もその存続には大拍手。ではあるものの、唯一残念なのはそのスタイリング。特にヘッドライト周り。ハンサムではあるが、なんちゅうかオープンカーの明るさとかノーテンキさとミスマッチの、ふっ、太陽眩しぃぜ、みたいなどちらかというと陰性のハンサム君なところが私的にはいかがなも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NAVI CARSまさかのアル/ヴェル推し

隔月刊のNAVI CARS。元々元祖エンスー系NAVIの血を引く雑誌だけにまぁ、ヨーロッパ系の車とが特集されることが多い雑誌である。今回の特集はインテリア。なかなかの力作!と、 特集を読み終わり後半の連載物を読み始めたら、、、まさかの展開。今までのNAVI CARSとは対極にあるであろうアル/ヴェルが何故か大絶賛。下野さんも塩見さんも渡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホンダのスポーツカー観

さて、ホンダのS660。評論家諸氏の評判は上々のようでよかったね。でも僕はそんなに好きじゃない。 NSXとかS2000とか各種typeRとか、ホンダのスポーツはなーんか体育会系の香りがするんだよなぁ。威圧的なスタイルもカリカリな走りも。なーんでスポーツというとどれもこれも余裕のない恐い顔にしちゃうかね。ホンダ自身は否定するだろうけどなん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BMWがそれ作るのか?

えーと、クルマを四つ足の動物と思ってみる。さてこの動物が全速力で走ってるところをイメージする。前脚で地面を引っ掻いて進むのがFF、後ろ足で蹴って進むのがFR。どっちがカッコいいかってそりゃ後者でしょ。 あ、機能とは基本無関係。今時FFだからダメなんて有り得ないから。単に脳内の勝手なイメージの問題ね。 ってことで運転は特に上手く無いし別に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホンダのレジェンド

ホンダは高級車に関して外部からデザイナー呼んだ方がいいんじゃない? アコードもしょうがないなと思ったら、レジェンドはもっと酷かった。オタクで一番高いそのクルマ、ライバルと比べてどこがカッコいいかプレゼンしてよ、って言ったらホンダのデザイナーさんはどう答えるんだろ?あんたのセダン愛(笑)はこのクルマのどの辺に表現されてますか?って聞いたら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トヨタ、ミニバン、キンキラキン

個人的な感想に過ぎないけど、去年の圧倒的ワーストワンのクルマはトヨタのエスクァイアである。まぁ、ハードウェアはトヨタなのでソコソコなんだろうけど、なんなのあの顔、あの佇まい、そして、高級車として売り出す厚顔。残り物のチャーハンに餡かけて、金箔乗せて高級でござい、っていかがなものかねぇ。こーんなのいい加減日本人も騙されねぇだろ、っと思った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徳大寺さん、ありがとうございました。

前も書いた気がするが、僕の思考や行動に影響を与えた人を3人挙げるとしたら、作家の島田荘司さん、編集者の鈴木正文さん、そして自動車評論家の徳大寺有恒さんである。 その徳大寺さんが亡くなった。Yahoo!を見た奥さんが僕にそのニュースを教えてくれた。僕は慌ててスマホを開いてそのニュースを読んだ。素っ気ないくらいの記事だった。そうかぁ、そうだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱烈歓迎ラウンドアバウト

奥さんが教えてくれたのだが、日本でもラウンドアバウト(交差点を一方通行のロータリーにして信号機を廃止)を増やしていくらしい。 島田荘司さんや林望さんのエッセイの愛読者としては、ヤッホゥ熱烈歓迎田舎の交差点ははやくくだらない信号機を外してラウンドアバウト化を進めてくれーと思っているのだが、某まとめサイトを読んだらなんだろな、かな〜りの人が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

買わないけれど ホンダ フィット

奥様の愛車は遂に旧型となってしまった赤いフィット。カールに比べて短いノーズ、高い視点(っていうか、座高が高い私には座面が高すぎるくらい)でさすがの乗りやすさ。センタータンクの広い室内。これがおおいに受けていまやホンダの屋台骨を支える存在。三代目もさぞかし気合入ってるに違いない。 とは思うものの、デザイン、どうなのよ。グリルに食い込んだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乗らないけれど<トヨタ・ラクティス>

このブログをはじめたときにも書いたラクティスがフルモデルチェンジ。 月日のたつのはほんとに早い。 前身のファンカーゴが軽やかな個人ツールとして、なかなか楽しげだったのに対して、オーソドックスに振った先代はその無味無臭具合がトヨタだよなぁ、と思っていたが今回のモデルもその延長線上にある。  今回も仮想敵はホンダフィットか?収納に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more