なべてこの世はスパイラル

今度のメルセデスのCLSはシンプルなデザインにしたそうだ。そしてこれからはそっちの路線でモデルチェンジしていくらしい。今までの車は少し線が多すぎたんだって。で、他社に先がけてシンプル化を進めるんだそうだ。差別化のためにバガバカうるさいキャラクターライン入れて複雑な面構成にしてたくせに今度は何言ってんだか、とは思う。とはいえ、クルマのデザインってその繰り返しではある。
角⇄丸、シンプル⇄複雑の間を行ったり来たりしてその時代のテイストを入れていく。角張り具合、線の出し方が昔のあの時代に似ている!となることはあるが、やっぱり昔とは違う。真上から見ると同じ位置に見えるが横から見ると螺旋状になっていて位相が全然違う、みたいな。
これってファッションも同じ。ダッフルコートが10年ぶりに流行ったからといって10年前のを引っ張り出してくると、やっぱり最新となんか違う〜となる。
なんだかんだスパイラルアップしてるのね。ん?スパイラルダウン?そうかも。

"なべてこの世はスパイラル" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。