スポーティなクラウンとは

まさかクラウンがシックスライト採用で4ドアクーペスタイルになるとはねぇ。時代ですね。なにせオーナーの平均年齢が65〜70だそうで若返りが使命。また、ドイツのプレミアムセダンからシェアを奪うというミッションも課されていてなんだか大変。同情します。試乗記を読んでもハードの出来はなかなか素晴らしい模様。でも、どうでしょう?
デザインを若くスポーティにしても、クラウンでしょ?クラウン。クラウンだからぜーったい嫌、という人は少ないかもしれないが、クラウンかぁ、うーん、という人は多い気がする。現に俺がそうだ。
「いつかはクラウン」というのは名コピーだし憧れる人もまだ居るのだろうが、それを日本のサラリーマン社会のカッコ悪さの象徴と捉える人もいるのだ。カローラから始まってコロナ、マークIIを経て、部長ぐらいになってようやっとクラウン、てやつね。部下には威張る、カラオケで演歌をがなる、うっすい靴下を履く、顔がデカい、ネクタイの趣味が悪い、あーカッコ悪。オーナーがみんなそうだと言ってるわけではなくて、そういうオーナー像のイメージを持つ人が少なからず居るという話だ。いくらトヨタが変わったといってもこういう印象はなかなか抜けないですよ。このミニバンの世にそんなヒエラルキーは崩壊してる?いやいや、薄まっちゃいるけどターゲットにしてる40代50代にはしっかり残ってまっせ。なにせ当のトヨタが率先して日本人に刷り込み続けたイメージなんだから、「いつかはクラウン」って。なかなか強烈ですよ。
そうなるとスポーティな装いが逆にジジイ無理しちゃって、とカッコ悪く見えてしまうかもしれないし、欧州車に乗ってる人は(俺も含めて)クラウン的なものと距離を置きたいのに、同じ土俵?は?何しに来てんの?となる可能性も否定できない。
さてトヨタの思惑通りに行きますかどうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント