闇金ウシジマくん

何しろ暑くて外に出るのが億劫。勢いインドア派になってリビングで映画ばかり見ている。しかも最近邦画ばっかり。で、そのチョイスが「紙の月」「アウトレイジ」「アウトレイジビヨンド」「天空の蜂」「ソロモンの偽証」「闇金ウシジマくん3&ファイナル」。なんつうか、病んでるのか俺?と言いたくなるチョイス。病んでるのは邦画界かもしれん。周防監督が「shall we ダンス?」のキャンペーンで全米を回った時に行く先々で「暴力もセックスも無い楽しい映画をありがとう」と言われたそうだが、まぁ日本もおんなじだわな。そのどちらも無くてしかも面白い映画って今はなかなか無いよね。
さて、その中で「闇金ウシジマくん」である。ドラマシリーズも好きで映画もなんだかんだコンプリートしたわけで、山田君が好きというのもあるが、結局闇金周りの悲惨な話が好きなんだろう。なんで好きかというと、多分距離感なんだろうなぁ。
あの話に出てくるのは、ギャンブルか女(あるいは男。風俗、ホストクラブ含む)に入れあげて借金するやつか、どん底の境遇から一発逆転を狙う底辺層がメインなわけだが、そんな人たちとも、一発逆転の先にある金持ち(3では与沢翼がモデルになったであろう天生翔なるキャラが登場する)とも、今の俺は等しく距離を置いた環境なので、「これをリアルに感じる人もいるんだろうなぁ」と思いつつ、向こう側の話として観られるんだろう。
天にも住まず、底を這いまわらず、なんだか真ん中でプカプカしてんな俺、というのが今日の感想。これでいいのかはよくわからん。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント