映画「カイジ 人生逆転ゲーム」

おい、日テレ、25周年記念でこの映画ラインナップにしていいのか?
ライアーゲームもそうなんだけど、こういう複雑なゲーム系の漫画原作って、いかに説明臭くなくかつわかりやすい脚本が肝だと思うんだけど、これが難しいんだろうなー。
カイジがまったく淀みなく、全部説明しちゃうんだもん。橋田寿賀子じゃないんだから。って考えると、やっぱり北野武はすごい。「あの夏、いちばん静かな海。」なんてセリフ少ないもんなあ。
構成自体はRPGのようにゲームをクリアしていくものなので、なんだかんだ言って最後まで見ちゃったんだけど、カイジ君、君は頭が良くて弁もすんげー立つのに、なぜに今まで負け組になっているんだい?
という根本疑問が最後まで頭から抜けず。

見る気も無いけど、「インシテミル」なんかも怒涛の説明系なんでしょうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック