アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「映画」のブログ記事

みんなの「映画」ブログ

タイトル 日 時
闇金ウシジマくん
何しろ暑くて外に出るのが億劫。勢いインドア派になってリビングで映画ばかり見ている。しかも最近邦画ばっかり。で、そのチョイスが「紙の月」「アウトレイジ」「アウトレイジビヨンド」「天空の蜂」「ソロモンの偽証」「闇金ウシジマくん3&ファイナル」。なんつうか、病んでるのか俺?と言いたくなるチョイス。病んでるのは邦画界かもしれん。周防監督が「shall we ダンス?」のキャンペーンで全米を回った時に行く先々で「暴力もセックスも無い楽しい映画をありがとう」と言われたそうだが、まぁ日本もおんなじだわな。その... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/24 19:04
映画「カイジ 人生逆転ゲーム」
おい、日テレ、25周年記念でこの映画ラインナップにしていいのか? ライアーゲームもそうなんだけど、こういう複雑なゲーム系の漫画原作って、いかに説明臭くなくかつわかりやすい脚本が肝だと思うんだけど、これが難しいんだろうなー。 カイジがまったく淀みなく、全部説明しちゃうんだもん。橋田寿賀子じゃないんだから。って考えると、やっぱり北野武はすごい。「あの夏、いちばん静かな海。」なんてセリフ少ないもんなあ。 構成自体はRPGのようにゲームをクリアしていくものなので、なんだかんだ言って最後まで見ちゃっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/20 23:51
「バブルへGO!」「電車男」
邦画を続けて観た。 「バブルへGO!」 ホイチョイプロ作品らしく、軽いノリの一編。バブル崩壊のきっかけとなった政策を阻止する為に、借金苦にあえぐ広末がバブル期にタイムスリップして・・・というお話。 洋画のパロディがいくつも盛り込まれてて、気軽に楽しめる。そもそもストーリー自体モロにバック・トゥ・ザ・フューチャーなわけだが。たった一つの政策がバブル崩壊を導いた、という安直な理解をする人間が出てくるのはちょっと心配。 僕自身はバブル期には田舎の学生だったので、その恩恵?は直接は受けて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/24 00:21
それでもボクはやってない
 周防正行監督11年ぶりの新作。大島監督みたいに「映画を撮らない映画監督」になってしまうかと心配したけど、ようやくの新作公開。早速初日に行ってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/23 23:20
意外に傑作「007 カジノ ロワイヤル」
公開前には、ブロンドのボンドが許せないファン達がボイコット運動をしたとかしないとか、の007最新作、ひっさびさに映画館で観ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2006/12/22 00:11
ビデオ観ました「竜馬の妻とその夫と愛人」「最後の恋のはじめ方」
「竜馬の妻とその夫と愛人」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/23 23:25
こここれは面白い!「運命じゃない人」
 昨年、友人Nと観にいこうとして、僕がぐずぐずしているうちにいけなくなってしまった映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/24 00:41
映画「半落ち」「キリングミー・ソフトリー 」「小説家を見つけたら」
「半落ち」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/08 00:17
映画の話
「街の灯」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/27 00:54
映画、3本
「羅生門」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/12 23:45

トップへ | みんなの「映画」ブログ

「枝葉末節」 映画のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる